<服>でつながる 川崎和也氏

ワークショップ「<服>でつながるーファッションの読み方」第2回ゲスト回にスペキュラティヴ・ファッションデザイナーの川崎和也さんにお越しいただきました。

最先端のウェアラブルデバイスと服や、3Dプリンターや機械を使ってプログラミングされたものを出力してデザインするとか、バイオテクノロジーを使って環境にいい服を考えるとか、書いていてもうすでにこんぐらがってくるぐらい、現状ではハイテクノロジーなことが行われていると。

服をこするだけでスマホを動かせる•••とか。もう何も驚きませんね。。

ファッションの可能性は、格好良さの見た目だけでなく、最新デジタルテクノロジーを使ったものや環境問題や複合して未来にむかってデザインする。

そういったものがスペキュラティブファッションだと。

最後は考える力を育てるエクササイズとして

サイエンスフィクション(SF)的想像力を用いてオルタナティヴなファッションのあり方を考えてみる、ということで、あるSFの書き方のメソッドにのっとって一人一人考えて発表しました。

それぞれに未来に頭を巡らせたラスト30分。これまでの授業とはまた全然違って大変勉強になりました。

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Recent Posts
Archive

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now