横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

9/30(日)室井先生アフタートーク!KAAT×ウースターグループ

横浜の今日の最高気温は16℃! つい1ヶ月前までは38℃を叩きだしていたとは思えないほどさむ〜くなってきました。暑いよりはぜんぜんウェルカムだぜ!とはいえ、9月中旬は季節の変わり目の洗礼「風邪」をひきましたが、葛根湯爆飲み、はちみつ爆舐めで無事軽傷でことを済ませることができました。みなさんのどが痛くなったらはちみつ直舐めで対抗しましょう。 さて!9月30日(日)と迫ってきました室井先生のアフタートーク! ラボスタッフの禿さんを中心に「室井先生がアフタートークするから来ない?」と呼びかけたら集まってまいりました、人々が!15年以上前の室井ゼミ生から何から何まで、神奈川芸術劇場に集結してきます。まだ少しお席に余裕があるので、この機会に是非check it out. そもそもこのウースターグループというNYの前衛劇団。とにかく、完コピがお家芸。あらゆる技法でもとの題材作品を完全模倣して、題材事象の再解釈をおこなうという、はるな愛さんの「エアあやや」的神業芸。(←格を下げたか?) 「女性解放運動VS男性原理主義」の伝説的討論会の記録映像作品をもとに、その討論会を「実際にやってみた」舞台。その記録映画が舞台でも映し出されるのですがその「シンクロ率」はおそろしいほど。(ってニューヨークタイムズが劇評してました。)舞台の上で演じている人が映像見えてるわけじゃないのになんでシンクロできるんだよ。もしかして本人??みたいな感覚で翻弄されるそうです(ってタイムズが)もちろんただ、模倣で終わるだけではない。その模倣が極まった瞬間、模倣を裏切るような衝撃的展開がはじまる、、、そうです。(タイムズは「破

都市とポピュラー文化 レポート②

今日は少し暑さが残っていますが、ずいぶん秋らしい気候になってまいりました。夜は寒くなってしまったので、風邪をひかぬようお気をつけてお過ごしください。 実は、先週書き上げるつもりの「都市とポピュラー文化のレポート②」でしたが、筆の遅いスタッフでして大変失礼いたしました。 9月5日(水)。 前夜は台風吹き荒れ、関西ではひどい爪痕を残していきました。 この日のゲスト、竹宮惠子先生も新幹線が動くかハラハラしていたそうですが、 無事横浜までいらしてくださいました。 超がつくほどの一流人でございますので、スタッフも大興奮。目がキラキラとしていて、とてもお美しい!学生さんのレポートをのぞくと、「キラーン☆」という文字入りのすてきな似顔絵を描いてくれている子もいました。 マンガを「学ぶ」という本講義では簡単な作画ワークショップも行われ、イビツにならない顔の書き方や身体の書き方をレクチャーしていただきました。 佐藤守弘先生も挑戦!! 個人的には、この吹き出し(びっくりしていたり、怖がっていたり、悲しんでいたり)がすごく難しく、怖がっている吹き出しを描こうとしても、悲しい感じになってしまったり、吹き出しひとつとっても恐ろしい技術の修練が必要なのだと痛感いたしました。 最も感動的だったのは、竹宮先生の作品の、竹宮先生によるマンガ演出のレクチャー!! 「ここは現実に戻る前の一拍として表現しています」 「全てのコマは(人を魅了するための)トラップです」 自分の作品の演出をすこし照れながら解説していただき、ああ、もう、贅沢すぎてノックアウト寸前でした。 京都精華の学生さんは中国出身の方も多かったのですが、

都市とポピュラー文化 レポート①

涼しい!!本当に涼しいです。秋よこい!asapで! 9月3日から5日間。「都市とポピュラー文化」! みっちりと集中講義を行いました。 約10年続いたこの集中講義シリーズも今年でラスト。(涙涙です) 報告レポートです! 9月3日(月)13時。 山下公園ほど近くにある産業貿易センターの地下1階の会議室にてはじまりました。朝は天気も悪く、午前7時に京都精華の学生さんが深夜バスから降り立った時は、泣く子も黙るドカ雨。呆然としながら宿泊施設に向かったそうです。幸いお昼付近は雨が止んでいたものの、講義が始まる直前は少し雨も降り出して、肩に雨の名残を残す学生もおりました。 コーディネーターの京都精華大学佐藤守弘先生と室井先生。 初日のゲスト講師はアーティストのyang02(やんツー)さん。 まずは、ストリート系のかなりカッコイイ作品を作る作家さんの雰囲気を覆すかのような「これ釣り師でしょ」的プロフィール写真!素敵でした。大物を釣りあげたのが本当に嬉しかったんでしょうね。 講義では、現在やんツーさんが作っている「現代美術」作品より、作品の根底をなしている「グラフィティ」への興味の出発点だったり、そしてそもそも「グラフィティ」とは何なのかということを詳しく説明いただきました。 私自身、グラフィティを「自己の存在を主張する行為」としてみなしていたために、「みんな主義主張とか、自分だけのオリジナリティとかホント考えてんの?」という批評的視点から作成されたスタイルだけグラフィティを模倣したやんツーさんの初期作品に刺激を受けました。そう「主義主張ゼロ、オリジナリティゼロの、見た目にカッコイイだけのもの作

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now