横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

5/27 アートプロジェクトの作り方

こんにちは。5月もそろそろ終わりですね。 先週の金曜日は「アートプロジェクトの作り方」が行なわれました! 荒神さんは体調不良のため残念ながら来れなかったのですが、「目」の南川さんがゲストとしてお越しくださいました。 南川さんが「目」以前に活動していた「wah document」の話もたくさんしていただきました。 wah documentは一般募集をしたアイデアを実行し「作品」として新たに生み出すことで 思わず「wah」と言ってしまうような瞬間を作り出すプロジェクトベースの活動をしています。 信号待ちしている人の後ろに何人か並んで手を出して千手観音にした話から、笑 子どもたちと船で無人島に行った話、東日本大震災時の活動の話、、、 プロジェクト名だけでは予想もつかないような物語がたくさんあり、終始学生たちの目がキラキラしていました。 「目」はwah documentの二人と荒神明香さんにより、空間をまるごと異世界に変えてしまうような作品を作っています。 作品「おじさんの顔が空に浮かぶ日」「たよりない現実、この世界の在りか」の制作過程や秘話が聞けました。。 とても感動しました。素敵な時間をありがとうございました! 学生たちもこの講座を受けて「アートプロジェクト」を作りたくなってきたのではないでしょうか!! これからも様々な展覧会・アートフェスティバルでの展示があるのでぜひ!

明日は「目」のお二人がいらっしゃいます。

日中は半袖で過ごすことの方が多くなってきました。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 お神輿ワークショップも終わり、ボチボチ学生諸君がレポートを提出しにきています。 自分なりに祭礼文化というものを調べあげ、神社というものがどういうものなのか そして、実際に小野照崎神社の大祭を体験してどう感じ、何を考えたのか。 そんなことをレポートしてくれているんじゃないかなぁと思ってます。 そして、明日に迫りました「アートプロジェクトの作り方#1」のゲスト回! 前回ゲストで来て頂いたAKI INOMATA氏も「きっと素敵な話がきけると思いますよ〜」 とイチオシの現代芸術グループ「目」の南川さん、荒神さん。 いままでの作品作りに関するお話しをきく以外にも この「目」というグループ名の由来もじっくりときいてみたいです。 明日、5月27日(金)16:30〜@横浜都市文化ラボです!

日本記号学会

5/21.22、大阪大学にて第36回日本記号学会「賭博の記号論」が行われました! 二日間にわたって賭け事の論理やギャンブルのメディア論についてのセッションや研究発表が行われ、 研究発表では、室井先生の指導を受けていたラボスタッフの安齋が「《襞》に対する情熱:ガエタン・ガシアン・ド・クレランボー研究」という発表をしました。 精神科医として20世紀初頭に活躍し、一方で4万枚にもおよぶモロッコの民族衣装の写真を撮影し続けていたクレランボーの研究を通して、「何故人は衣服を着て、衣服と共にあるのか」という問いを新たな視点で探ろうする、という発表でした。 発表内容もとても好評で、皆さんクレランボーの写真の独特な世界観に引き込まれていました。 室井先生、安齋さんお疲れ様でした。 そうそう。大阪大学からモノレールで一駅の万博公園にも立ち寄りました。 太陽の塔。(後ろ姿) かっこいい。でもすごく暑かったです。 今週の金曜日、27日は「アートプロジェクトの作り方」のゲスト回! 「目」の南川さんと荒神さんがいらっしゃいます! またお知らせします!! では!

『文鯨』を届けに来てくれました!

3年生の城くんが共編集長を務めた雑誌『文鯨』をラボに持ってきてくれました! 『文鯨』(https://www.facebook.com/文鯨-1739239482977376/)は城くんを始め人間文化課程の学生や卒業生が編集を担当し、5月1日に創刊されました。 詩や身体表現、演劇や服飾などの分野で活動する人々と共に「あたらしい言葉」とは何か?という問いに挑んでいます。 ・・・いやあクオリティが非常に高い!!! 書店では 池袋・三省堂書店池袋本店 目白・ブックギャラリー ポポタム 新宿・模索社 吉祥寺・古本屋 百年 荻窪・Title 下北沢・B&B に取り扱いがあります。書店に行けない方は https://docs.google.com/forms/d/1cMakHh9qq0tl3FB5RkUKr5BQ6xYAQyCQuzAAfJN9hR0/viewform?c=0&w=1 こちらから申し込むこともできるようです。 是非、チェックしてみてください! 城くんありがとう!

下町の祭礼文化2016 本番!

下町の祭礼文化2016 5月14日、15日と、今年も無事2日間担いできました。 今年は小野照崎神社の3年に一度の大祭。神社に保管してあるお神輿が登場します。 ラボチームは今年で3年目の参加なので、スタッフも初めての経験。 とはいうものの、実際に担ぐのは町会のお神輿なので顔なじみの方もちらほらと、 安心して担ぎ手の中に入れていただきました。 ランダムに写真アップしましたのでごらんください。 全貌はこちら→ Google photo 一部こちらにもピックアップ。 室井先生も担ぎました! 参加した学生のみんなは肩に勲章をうけ おそらく今日は、負傷兵のように授業を受けていることでしょう(笑) みなさん、おつかれさまでした! 参加させていただいた坂本町会の皆様、今年もお世話になりました。ありがとうございました! おまけ。 小野照崎神社、本社神輿の様子です。 朝早くから夜までかけて、この地域一帯を回るそうです。 神主さん。 各町内で交代しながら回るそうです。 先導を司る天狗。一本下駄でずっと回るかと思うと。。。。 装束も立派で見応えありました。

5/24(火) 『文系学部解体』初回日時決定

特大連休も終え、早速5月病になってしまった…なんて人はいないでしょうか。 ラボでは、詳細未定でした春学期セミナー科目 『文系学部解体ー大学の未来』の初回日時が決定し、 新たな始まりに心躍っている今日この頃でございます。 基本的には講演会に出席して、毎回レポートを提出するという授業ですが、 どうせのことなら「運営」チームとして関わってはみませんか? これは講演会の宣伝・広報(チラシやポスター制作)、 運営(会場設営や受付)などに関わることで、 単なる受け身の受講者ではなく企画側として運営に関わるものです。 講演者とも個人的に話すこともできます。 第一回目の説明会を5月24日(火)の16:30~18:00に開催します。 その後、原則的に火曜の16:30~毎週集まって講演会の準備を行います。 夏休み前までに予定されているゲストは内田樹さんと吉見俊哉さんです(日程は24日までに決定)。 この機会に人間文化課程に在籍しているという今しかできない企画です。奮ってご参加下さい。 第一回説明会: 5月24日(火)16:30集合 会場:横浜都市文化ラボ(第一食堂棟208号) 電話:045-339-3418

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now