横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

7月22日の神奈川新聞に掲載して頂きました。

外では俄然、ミンミンゼミが唸り声をあげてまいりました。夏到来です。 義務教育の子どもたちは夏休みとなり、 ポケモンgoではしゃぎまわっているのかと思いきや、 キャッチボールをしたり、アゲハチョウをつかまえていたりで楽しんでおり、 ARの愉悦はアダルトな楽しみであることを、ふと理解しました。 ゲームのしすぎで生っ白くなった大人の身体に、紫外線を叩き込んで、 ビタミンDをつくらせてあげているポケモンgo。 人間が躍動している姿を見るのは、私は結構好きなんですけどね。 現実世界の虫や、植え込み、自然界にもっと興味を示せばいいのにって 立派な大人たちは言うかもしれないけど、 恋に落ちたようなもんなんだし。 自分もやってみたらハマるかもしんないよ。 ちなみに、室井先生もしっかり配信日にはダウンロードしてます。 さすが研究者。 さて、7月11日に開催されました吉見俊哉さんを迎えての『文系学部解体ー大学の未来』の記事を、7月22日の神奈川新聞に掲載して頂きました。 2回を終了し、3回以降は秋学期! この討議は今後どんな展開を見せていくのか…。 議論で決まらなければ、拳で…、いや、プロレスで。 ご期待ください!

ポケモンゲットだぜ

7月22日はなんの日でしょう??? そうです! 「ポケモンGO」の日本配信開始日です!! あ、ラボにポケモンがたくさん現れているぞ! ラボの入り口にフシギダネがあらわれました! ラボの中にも入ってきた! 青春時代を思い出しました。 ポケモンと写真を撮れるなんて考えたこともなかったですね! ARってすごいなあ。

秋学期ガイダンス開催

いよいよ夏が本格化してきましたね〜アツいです! 最近週末になると浴衣を着た方々をよく見かけます。 そんな週末の夜、横国にいると花火の音が聞こえてきたりして、 「あ、夏かな!」と風情を感じております。 さて、 2016年の前期がおわりますが横浜都市文化ラボでは先週金曜日に 秋学期授業ガイダンスを開催しました! 9月開講の京都精華大学集中講義 + 秋学期開講の6つのワークショップ&セミナー授業と、 今年も盛りだくさんの内容でお待ちしています。 そうなんです、夏が終わっても秋からもアツいんです! 毎年おなじみの望月六郎の熱血映画塾、 前期のアートプロジェクトの作り方でもゲスト講師として来てくれた アーティスト片山真理さんとアートをつくるワークショップ、 KAAT(神奈川県芸術劇場)との共同で行う「芝居の大学」、 連続討議・文系学部解体、 こちらも毎年おなじみの京都大学の吉岡先生とクリスマスを共にできる、 冬季集中講義(今年のテーマは「戦争と文明」です)、 こちらは単位読み替えはありませんが、 室井先生がいまはまっているドローンを使ったアートプロジェクトをつくる授業も開講予定! (詳細は未定です、興味のある学生は室井先生にお尋ねしてみましょう!) また、 京都精華大学の集中講義は9月5日間集中開催なので、 お早めにお申し込みください! 今回は「芝居の大学」モデレーターの 劇団唐ゼミ☆主宰の中野さんも説明に来てくださいました! 学生だけではなく、他分野で活躍する大人たちと交流ができるのが、 横浜都市文化ラボの授業の大きな魅力です!! そしてこの日はもう一組のゲストがやってきました。 「無

明日は秋学期ガイダンス!

暑いですねぇ。と思ってると微妙に涼しかったりで 最近、風邪的な症状を持った方に多く遭遇します。痰、咳、腹痛、嘔吐… みなさん、元気にお過ごし頂いていれば幸甚にございますです。 そんな、そろそろテストも押し迫った7月中旬。 ラボでは、元気いっぱいに秋学期のガイダンスを行いますよ〜! 2016年の秋学期は いつにも増してラインナップも充実していて、 人気アーティスト・片山真理さんをを招いてのワークショップ、 神奈川県の劇場と組んでの本格的な演劇講座、 本気で実現するのか?!『文系学部解体ー大学の未来』連続討議における 一時期プロレスにマジはまりしていた室井先生と 元プロレスラーの馳文科大臣完全対決!! (リングとゴングのレンタル費用見積をださなくっちゃ) などなど、 ブリブリでゴリゴリな科目を揃えております。 世間は、参院選も静かに終っていき、次は都知事選ですかね。 今日たまたまラボに集まった学生達数名が熱い政治話しを繰り広げていましたよ。「原発が…」「尖閣諸島が…」「核戦争が…」 今日の何かの講義で、火種が投げ込まれたのでしょうか。 気になるところです。 てなわけで、明日のガイダンスおまちしています〜。

7/11「文系学部廃止」の衝撃 講演会

本日のラボのブログは文系学部解体コラムでおなじみ、 大学院2年生の野口くんが執筆してくれました!! (まだ読んでいない人は是非コチラから!) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 暑い日が続きますね……。「文系学部解体ー大学の未来」でよく分からんコラムを書かせて頂いている野口です。というわけで、昨日7/11にはイベント第二回が開催され、東京大学から吉見俊哉先生がお越しくださいました! この連続討議の目的は、室井先生がゲストをお招きして文系国立大学の未来について語りまくること。「『文系学部解体』vs『「文系学部廃止」の衝撃』」というタイトルの通り、文系学部問題の著書を出した2人が著書で言いたかったこと、言えなかったことをぶっちゃけまくりました。 まずは室井先生の基調講演。現在、横国に限らず全国の大学でも文系廃止に異を唱える活動が行われているそうです。なんと、今回は会場にも新潟大学、静岡大学からもかけつけてくれました。暑い中ありがとです! 登壇者よりも貫禄がありそうな、新潟大学の学生さん。 続いて吉見先生の基調講演。なんと、僕(野口)の文章を「本当に30秒で分かっちゃう素晴らしい要約!」として紹介してくださりました!(それってつまり営業妨害なのでは……) 『文系学部廃止の衝撃』の詳細な説明に加え、室井先生の意見に賛同する点、見解が異なる点をお話しくださいました。現状の見解については室井先生とほとんど同じだけど、文理融合という試み自体は評価しているというのが吉見先生のスタンス。 そして、何より両者の主張がくっきり別れたのは、人文社会学が「役に立たない(室井)」or「役

「しんぶん赤旗」に掲載して頂きました。

来週に迫りました連続討議『文系学部解体ー大学の未来』。 ゲストは東大教授・吉見俊哉氏。 (7月11日(月)17:00 於:横浜国立大学図書館メディアホール) 「しんぶん赤旗」の10面に講演情報を掲載して頂きました。 今日、たまたま訪れてくれた前回の連続討議に参加してくれた学生たちに 「新聞載ったんだよー」と「しんぶん赤旗」を見せたところ、 1面に載っていた、4日、池袋で行われた日本共産党街頭演説に訪れていたそうで、 付箋の矢印あたりに写り込んでいると教えてくれました。 (ま、小さくてよくみえないんだけど…) 連続討議、来週月曜日ですよ!!

ドローンがやってきた!

官邸のヘリポートに落下していたとかで結構世間を賑わした「ドローン」 その名前の由来は、一説によると起動音が蜂の羽音に似ているということから、 「雄蜂=Drone」って呼ばれるようになったとか。 そのドローンがラボにやってきた! ラボの後期にはじまるワークショップで必要になるかもしれない ということで、実験用に購入! 室井先生が、ショップに足を運びまして、お店の人に勧めてもらった 入門タイプのドローン。 室井先生が飛ばす。 飛ばす!! 飛ばす!!!! その後落下!!! (落下はかっこわるいので、写真はここまで) 操縦が難しく、2日前に購入したのに、既にプロペラ部分も曲がってしまいました。 このドローンを使ってどんなワークショプが展開されるのか?! というより、後期授業がはじまるまでにドローンは生きているのか?! ご期待ください。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now