横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

都市とポピュラー文化 レポート(12日〜15日)

二日目のゲストは現代アート作家であり研究者である中村裕太先生です! 「京都のタイルツーリズム」・・・街中にあるタイルを見る・探すという行為によって都市空間を読みかえていくという話をしていただきました。 綺麗に貼られた、あるいは剥がれてしまったタイルは都市表層の一部であり、そこには人々の姿や生活が隠れている・・・ それらを路上観察という視点で写真に撮って収集したり、フロッタージュを用いてタイルに触れる、、それは都市空間に直接触れるという体験につながるそうです。 タイルには歴史が隠れているのですね・・・! そして講義は中村先生の活動に関する内容へ。 「タイルとホコラとツーリズム」や展覧会の話をしてくれました。 理論と実践の中でどのように作品を制作・展示しているのか、とても興味深かったです。 レクチャー後の対談も盛り上がりました。 中村裕太先生、ありがとうございました!!!!! 三日目のゲストの方は漫画家のすがやみつる先生。 漫画だけでなく小説家やスポーツライターなど、様々な一面を持つすがや先生。 数々の名作を世に送り出してきました。 講義ではすがや先生が中学生の時に初めて書いたマンガの写真など、とても貴重な資料も見ることができて感激でした。。 すがや先生は学生時代、石ノ森章太郎さんや松本零士さんなどのマンガに出会い、 高校生になると石ノ森さんのところへ通い、自身の描いたマンガを見てもらっていたそうです。 そして、まずは「メディア」という概念についてのレクチャー。 メディアとコンテンツ、そしてコンテンツの核が「キャラクター」であるという話をしていただき、その上で、世界・日本での情報技

京都精華大学共同集中講義!

今年も京都精華大学の集中講義が始まりました! 京都精華大学と横浜国大の学生さんが、多様なジャンルの先生方から5日間にわたって講義を受けます。 初回である本日のゲストは「くるり」の岸田繁さん!! 岸田さんは現在、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部の客員教員もしておられます。 京都出身である岸田さんは今回の講義の中で、「京都というまち」「多様性」そしてご自身の活動である「音楽」について、様々な視点からお話いただきました。 岸田さんの話す「京都」は、別の場所で過ごす私たちから見た姿とは全く違うもので、非常に興味深いものでした。 まずは、京都のまちの成り立ちや景観の作り方から。 「まちの真ん中にいても山が見える」「特殊な景観の作り方・価値観」など、岸田さんの目を通して見た京都のまちの姿や 「150万人規模の大都市」「高層建築物は建てることができない」「パン屋やコーヒー屋の数」、、、など 実際の数字から見える京都のまちの空間の作り方やコミュニティ、そしてそれらの感じ方の差・・・ 岸田さんにとって京都は「五感が冴える」まちなのだそうです。 岸田さんの日常の描写の仕方も非常に美しいものがありました。 そして京都というまちと音楽の話に入ります。 奈良時代の和歌の「感情の高ぶりを声にする」という歌の原点に遡り、 万葉集では私的・詩的な表現へと幅が広がり、それらが京都で発展してきた、という話や、 フォークロックやブルースバンドの曲を用い、 「様々な境界を超え共生するという感覚が、多様性のある音楽を生み出す」というお話しをしていただきました。 そして京都のライブハウスシー

論文合宿やってます。

昨日からラボでは博士 3年の瀧さんと修士2年の湧川さんが論文執筆合宿をしています。(と言ってもラボに泊まっているわけではありませんが) 朝から夕方まで缶詰になりまして、ひたすらにパソコンに向かうお二人。 途中、「パソコンがクルクルまわって動かないんですけど・・・」という悲痛なつぶやきが聞こえて来たりしていますが、そんなアクシデントにも負けず執筆は続いているようです。 そして本日は、ウィーン美術アカデミーのドクターコースで現代美術を研究している丸山美佳さんも久々ラボに遊びに、、、いえ、論文執筆にやってまいりました。 頂きものの梨をおやつに談笑。その後、ひたすらに書いて書いて書きまくる。 そんな中、室井先生の「よし、記念撮影だ」の掛け声で、ラボのエントランスで写真撮影。 素敵な1枚が撮れました。 何日かぶりに太陽が顔を出して、蝉も張り切って晩夏を謳歌しきっています。 間も無く秋ですね。残暑お見舞い申し上げます。

芝居の大学はじまります。

豪華ゲストを迎えての芝居の大学。 9月は導入レクチャーがありますが、大物ゲストのことは最低でもウィキペディアで調べるなど自分で研究してから臨んでくださいね。 そうした方が当日の講義が断然面白いから!! 直接ご本人に会うことができるし、前のめりで講義を受けられるし、本当にいいことづくめです。 10月のゲストは遠藤啄郎さん。 (「えんどうたくお」さんです。「たくろう」さんではありませんよ。) (写真はBANKARTブログより拝借) 1928年生まれ。 ということは、戦争を経験して今年で、、、89歳!! いまなお元気で、仮面、人形を用い、独特な語り劇が観客を魅了する 「横浜ボートシアター」という劇団を続けていらっしゃいます。 劇団を立ち上げたのは1981年ですので、当時53歳。 木造のダルマ船を改良した船劇場を拠点に活動を開始します。 しかも、途中で船が沈没するという憂き目にあいながらも 今度は鋼鉄の艀(はしけ)を改造して劇場をつくるというたくましさ。 きっと遠藤さんと同じ空間にいるだけで生命力がボコボコと湧き上がってくるのではないかと想像しています。 11月のゲストは佐藤信さん。 12月のゲストは吉井澄雄さん。中根公夫さん。妹尾河童さん。 (中根さんは去年の講義録がありますので、ご興味ある方はラボまで) 日にちは未定ですが、白井晃さん。眞野純さん。 みなさんちゃんと調べてくださいませね。 9/10は日本現代演劇史の講義からはじまります。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now