横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

ソウル滞在・後半 シンポジウム

さて、無事に日本に帰ってきたところで 後半戦のご報告をしておきたいと思います。 3日目(8/26)はいよいよシンポジウムです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日韓共同ワークショップ 「芸術と社会―クシシュトフ・ヴォディチコ展をめぐって」 2017年8月26日(土) 13:00-17:30 於・国立ソウル現代美術館第6展示室 主催:国立ソウル現代美術館MMCA、横浜国立大学 第一部:日本とヴォディチコ(13:00-14:10) 13:00主催者挨拶 13:10【講演1】Krzysztof Wodiczkoとの出会い―サバイバル・プロジェクション2011        講師:室井 尚(むろい ひさし)/横浜国立大学教授・哲学 13:40【講演2】芸術と社会—Krzysztof Wodiczkoをめぐって        講師:吉岡 洋(よしおか ひろし)/京都大学こころの未来研究センター教授・美学 第二部:アートプロジェクトと社会—韓国と日本の状況から考える (14:30-17:20)     司会:加須屋明子(美術史/京都市立芸術大学教授) 14:30-15:05 日本チーム1 プレゼン20分+議論15分 15:05-15:40 韓国チーム1 プレゼン20分+議論15分 16:10-16:45 日本チーム2 プレゼン20分+議論15分  16:45-17:20 韓国チーム2 プレゼン20分+議論15分 17:20-17:30 総括と閉会の挨拶 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 内容の詳細は室井先生のFacebookを見ていただくとし

ソウル滞在・前半

24日からクシシュトフ・ヴォディチコ氏関連ワークショップの一環でソウルに滞在しています。 初日は成田ー仁川で予定通り無事韓国に到着。生憎の雨模様でしたが、ソウルに到着したころにはすっかりやんで、そのまま国立現代美術館ソウル館にてクシシュトフ・ヴォディチコ展を全員で鑑賞。 美術館はかつての朝鮮王朝の王宮で、観光名所である景福宮のすぐ脇にあります。門前の大通りには巨大な世宗大王の像が。 これは今日の写真ですが、美術館の外観。他の企画展も同時開催しており、とても短時間では見切れない、大変大きな美術館です。 ヴォディチコ展のエントランス ホームレス問題を基に考案されたシェルター「ホームレス・ヴィークル」をはじめ、これまでの作品が一堂に会しており、見応えあります。両脇にはプロジェクション作品のために多数映像ブースがあり、じっくり作品に向き合いながら見ることができます。 韓国での新作「My Wish」 部屋全体が暗いので、写真では少しわかりにくいですが、大きな白凡金九像のレプリカにあわせて、現代の韓国の人々が、個人個人に抱える問題を吐露している姿をプロジェクションしている作品です。セウォル号犠牲者の家族、解雇された労働者をはじめ13人の「願い」の言葉に時間を忘れて耳を傾けました。 夜は仁寺洞の韓国料理屋で、二日後に控えた交流ワークショップのため遅くまで白熱した議論をし、それぞれに解散。 ーーーーーーーー 翌日の今日は、朝からグループ別に行動。ミーティングや再び美術館でじっくり作品再鑑賞など。 (わたくしは、会計の諸事情で、レートのいい両替所をもとめていそいそ南大門市場へ。迷子になりかけなが

熱血映画塾、申込受付中!劇団ドガドガplus 絶賛上演中!

お元気でございますか? 毎日毎日曇ってばかりでいやんなっちゃうわ。 と思っていたら、もう8月の半ばもとうに過ぎておりました。 以前お伝えしましたが、秋学期からお世話になる望月六郎さんの 舞台が現在本番中でございます。 劇団ドガドガプラス 『金色夜叉 ゴールデンデビルVSフランケンシュタイン』 2017.8/18〜20 19:00 8/23〜27 19:00 こちらが会場の東洋館。 達筆な筆文字でポスターの横にタイトルが書かれています。 これから受講する学生も観劇! その毒にあてられてドキドキしながら帰っていったとか。 「なんかこういうのはじめてで、、、」 その顔にはとまどいと、高揚が見てとれたそうです。 室井先生はとにかく絶賛!!いつものドガドガ節は健在! というかパワーアップしている力強さ! 役者の演技はどんどん良くなってきて、特にダブルヒロインの一人、 ゆうき梨菜さんのシーンでは舌をまいたとか。 今回男性の主役をやった中瀬古くんは歌も抜群で、本物のフランケンシュタインの怪物を凌ぐ魅力を客席に届けたそうです。 本日は休演日ですが、公演は23日〜27日までやっていますので、是非是非足をお運びください! 予告動画、必見! そして 熱血映画塾の受講生もまだまだ募集! 学外の方も受講可能ですので、 申込みお待ちしております!!! →『望月六郎の熱血映画塾』

とうとう夏になりました。

台風も一過。セミがよく鳴いています。ミンミンミン。 先週末は大学がオープンキャンパスでして、たくさんの受験生ならびに親御さんが いらっしゃっていました。 ラボはイベントの間(はざま)でして、穏やかな空気が流れています。 全てが準備段階ですね。 9月に開講される『都市とポピュラー文化』も詳細が決まってまいりまして、 京都精華大学の客員教員であるくるりの岸田さんも講師として名を連ねることになりました。豪華ですね! 残念ながら受講申込は終了してしまいましたので、受講が叶わなかった方はこちらのブログで更新される授業レポートを楽しみにしていてくださいね。 今回は京都精華大学の島本先生がコーディネーターです。 島本先生は、フォーク・ロック雑誌の編集にも携わっていたので、 ガチンコフォーク世代の室井先生とはかなりマニアックでコアなお話が聞けることは 間違いないでしょう。 なにせ室井先生ご本人当然のことながらギター弾けますからね。うまいし。 さきほどちょっとフォーク、ロックに関してさわりを聞きましたら 出てくる出てくる。生の情報が!! 今の大学生が生まれた頃は90年代後半。 この講義でどんな化学反応が生まれるか楽しみですね。 それでは、みなさん、夏風邪に注意して過ごしましょう。

横浜トリエンナーレ開幕。

横浜トリエンナーレが本日より一般公開となりました。 室井先生は一足先にレセプションに足を運んだそうで、横浜美術館、BankART Studio NYK、黄金町バザールなどぐるぐるとみなとみらい地区周辺を歩きに歩いたそうです。 本日8/4(金)は、『鋼鉄のオペラ』で講師としてお世話になった松陰さんのイベントが 黄金町バザールにて開催されます。 バザールコレクターのオークションはどなたでも観覧できるようですので ぜひご覧くださいませ。

8月になりましたね。

8月になった途端、梅雨に逆戻りしたかのような涼しい日が続いています。 横浜では今朝ほど2回の地震もあり、なんだか落ち着きませんね。 大学はテストの季節となり、どことなく眠たげで切羽詰まった学生さんが 課題提出に向けてパソコンを打ち鳴らしています。 みなさんはいかがお過ごしですか? 8月といえば!月末に、『望月六郎の熱血映画塾』で熱い授業を繰り広げる望月六郎さんが主催する劇団ドガドガプラスの舞台があります! タイトルは『金色夜叉 ゴールデンデビルVSフランケンシュタイン』 さすが、タイトルのセンスはピカイチです。 貫一お宮とゴールデンデビルとフランケンシュタインの三者が全くどう関係してくるのか想像もつきません。 ということで、望月さんのインタビュー記事を掲載いたします〜。 ご予約は劇団ドガドガプラスまで! ↓ ↓ 熱海の〜海岸〜散歩する〜貫一、お宮の二人連れ〜♩祝千客万来!観光立国日本が誇る東海の一大温泉リゾート『熱海』。老若男女が群れ集う人口海岸サンビーチに鎮座まします記念碑=モニュメントの正体は何?  マント姿にふところ手、学帽かぶった日本男児が「アレーッ!」とおののく日本髪、大和撫子を高下駄でもって蹴り倒すブロンズ像って、いったい何のメモリアル?  嗚呼、万国からお集まりの善男善女の皆様がどんなイメージをお持ちになってお国に帰るのかしら、モロ心配です。  男の名は間貫一(はざまかんいち)、女の名は鴫沢宮(しぎさわみや)。相思相愛の許婚(いいなずけ)同士の仲を切りさく男の名は、富山唯継(とみやまただつぐ)。彼の指に輝く巨大金剛石=ダイアモンドの魔力ははたして如何ばかりか

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now