横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

下町の祭礼文化 御神輿本番!

下町の祭礼文化、御神輿ワークショップが5月16,17日に行われました! 1日目。雨予報の中、どうにか天気も持ってくれました。慣れない衣装に身を包み、汗をかきながらも、大きく重たい御神輿をみんなで担ぐことができました。 2日目。この日は天気にも恵まれ、眠たい目をこすりながらも鉢巻き頭に巻きつけて、朝から祭りの熱気に皆、興奮していました。午前中は、ファビアン先生も御神輿担ぎに参戦してくれました。 初めての御神輿担ぎ。 一つのものをみんなで担ぎ上げることに高揚感を得て、心の底から楽しむことが出来ました! 坂本町会長の本間さん、焼き鳥たけうちのママ、正代さん、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

下町の祭礼文化 御神輿本番迫る!

5月16日17日に迫りました御神輿本番に向けて、 坂本町会長の本間さんと 16歳の頃から御神輿をかついできた生粋のお祭りガール 焼き鳥たけうちのママさん、正代さんがラボに来てくださいました。 ママさんからは、焼き鳥の差し入れまで!ごっつあんです。 お祭りの作法、当日の衣装着こなし、てぬぐいの巻き方など 細やかに指導して頂きました。 粋な格好とは、身体のラインにピッタリ合っていること。 手ぬぐいを両サイドでねじねじして頭にフィットさせて、後ろで結びます。 うっかりすると、食堂のおばさんみたいな結びになってしまうので ちょちょいと正代さんになおしてもらうと、粋に仕上がります。 全身コーディネートはこんな感じで。 当日は、携帯も腕時計も身につけず太陽のもとで祭に没頭しましょう。 楽しみです。

ガイア演劇プロジェクト 実験中

ガイア演劇プロジェクト、そろそろ実践的になってまいりました。 それぞれに企画を持ち寄り、ブレインストーミング。 気になる単語、ちょっとやってみたい事をとにかく出してみました。 相変わらず、白塗り人気ですな。 お次は、ラボにてスピーカーで爆音を鳴らし 唐十郎作『ジョンシルバー』の唄を大熱唱。 「大声を出せる」というのが重要。上手い下手は2の次3の次。 山下洋輔トリオのサックスとピアノにのせて 彼らの声が保土ヶ谷の山に響き渡っていました。 さて、その場にあるものをフル活用する 全環境型ガイア演劇を成立させるべく 道すがら打楽器になりそうなものを拾いまくり野音へゴー。 どんなことが可能なのか実験するため 大声を出し、枝を鳴らしまくっていたら ラクロスの練習やキャッチボール、ギターをかき鳴らしていた人々が スゴスゴと退散していきました。やはり、大声は強い。 木を揺らしたり、草むらから雄叫びをあげながら登場してみたり、 終了までに声は嗄れ、久々の猛ダッシュに身体もヘトヘトになっていました。 来週はこの経験をもとに更にアイディアを出し合います。 どんなことになるのやら。 実験はつづく…。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now