横浜都市文化ラボ周辺で繰り広げられている出来事をお伝えします!   

三浦翔君の映画「人間のために」がPFFアワード2016受賞&今ならネットで視聴できるよ!

夏休みが終わる……終わってしまう……。 こんにちは。涼しくなってきたと思いきや意外に暑い日もありでなんだか不安定な毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか? さて、26(月)には人間文化課程OBで現在は東京大学情報学環M1の三浦翔君と、横国都市イノベM1の本村宗一郎君が遊びに来てくれました! 映画について、そして大学について熱心に語り合う3人……。ちなみに僕は裏で浜弁のからあげ食べてました。 さてさて、『シン・ゴジラ』、『君の名は。』、『怒り』ととにかく邦画がアツい2016年ですが、この流れに三浦君も参入。 なんと、三浦翔監督作品『人間のために』がぴあフィルムフェスティバル2016に入選したのです! 僕も劇場で見てきました。教育棟や和田坂といった見知った景色&見知った顔が出まくるのがとにかく面白いんだけど、あらすじを説明するのが何とも難しい……。『シン・ゴジラ』(とにかく尾頭さんがかわいい)なんて「ゴジラが襲ってきたから戦いました。」だけで済むのに……。 大学の演劇部員が話の中心なのですが、はっきりしたストーリーや主人公が明示されないまま、複数の視点からなる断片的なシーンがバラバラとつながっていく展開。そういう意味では公開中の『怒り』(とにかく広瀬すずがかわいい)に近い映画ですね。 というわけで公式のあらすじを貼ってしまいます。シュプレヒコールや反政府活動といった重々しい言葉が目立ちますが、注目すべきは最後の「彼らはあらかじめ失われた彼ら自身の言葉を、探し続ける」という部分。 本作は大学や民主主義、個人のあり方といったテーマで展開されるんですけど、僕が気になったのは登場人物がとにか

来週から新学期!秋学期受講生まだまだ募集中です

ながいながい夏休みも、 のこすところ今週いっぱいとなりました! ながいながい雨もようやくおさまって、 秋の気配がしてきましたね〜 なにやら外ではキンモクセイの香りがただよっています。 「におい」でむかしあったことを思い出したりしてしまったり。 嗅覚は直接大脳とつながっているらしいですね。 あんなことやこんなこと、あったなあ。 でもそれもいまやむかし。 Back to schoolのお時間ですよ!みなさん! さあてさて、来週の月曜日は 17時ごろから 横浜都市文化ラボにて 秋学期開講科目の履修相談会を行います! ガイダンスではなく、相談形式となりますので お気軽にお立ち寄りくださいね〜 また、当日来れない学生さんも、 なにか聞きたいことがあったら、 随時横浜都市文化ラボまでお越しください!(平日13時〜18時)

「都市とポピュラー文化」5日目 今年も無事、終了しました!

こんにちは〜 9月3日から開催された京都精華大学合同「都市とポピュラー文化」集中講義も、7日で最終回。 台風の襲来も心配されていましたが、5日間にわたる濃厚な授業(と野毛での飲み会)を経て、今年も無事終了しました!!! というわけで、5日目は京都精華大学の学生が自身の活動をプレゼンしてくれました。今年は、マンガ専攻を中心に12名が来校です。 人々が長い箸と短い箸を使う種族に分かれた寓話を描いた陳さんや…… 山海教の世界を優美な絵本にした于さん。山海教といえば、最近では「ポケモンGO」を真似した「山海教GO」が話題に。正直、これはやってみたいぞ。 シュールギャグなオリジナル作品に加えて『艦これ』二次創作で夏コミにも出店した劉さんや…… ちょっとここでは紹介できないアダルティックな青年マンガを描いている黄くん。実用性(意味深)ではなく、大人の男性が一息つける作品を作りたいと主張していました。 スライドはここでは見せられないよ! びっくりするくらいに日本の作品に詳しいレオポールくんは、みうらじゅんやつげ義春、水木しげるを排出した雑誌『月刊漫画ガロ』を研究。室井先生も本気でアドバイスに臨み、修論講評会さながらの空気に。 さらにレオポールくんは、『SKET DANCE』や『頭文字D』をフランス語に訳す仕事もしているそうです。結局、「アウトオブ眼中」はどうやって訳したんだろう……。 と、このようにとにかくバラエティに富んだ面々のマンガ専攻学生。 さらにさらに続いて版画を専攻する修士学生2名も発表! 醤油やお酢、サランラップなどのキッチン用品で銅版画を作る中林さん。室井先生からは、「もうちょ

集中講義4日目 - 「ファッション」ってなんだろう

さあ、京都精華大学の集中講義、 4日目は今回初めて「都市とポピュラー文化」にご参加いただいた ファッション・デザイン批評の蘆田裕史先生です。 今回はファッションを「身体と衣服」、「流行」というふたつの視点から お話ししていただきました! まずはファッション論で必ずといっていいほど参照される マクルーハンの『メディア論』と 我が日本の現象学的ファッション論の先駆者・鷲田清一さんについてご解説いただきました! マクルーハンはわたしたちの身の回りにあるメディアを 身体を拡張するものであると定義し、 日々わたしたちが身につけている衣服もまた 生物的・社会的身体の拡張(身体保護・社会での自己表示、表象の装置)であり、 衣服は「皮膚の拡張」=第二の皮膚であると言っています。 一方で鷲田は、 マクルーハンの衣服論を批判的に継承し、 身体こそが「第一の衣服」であると定義しました。 これについて、蘆田先生が鷲田さんの衣服論では明示されていない ラカンの「鏡像段階理論」を用いてわかりやすく解説してくれました。 つまり、赤ちゃんがお母さんの身体の部分や自らの身体の部分を断片的に経験・認識し、 自己イメージをこれらの断片から縫合していくように、 わたしたちはわたしたち自身の身体というイメージをまとっているということなのです。 しかしながら、 これらのような実体を持つ身体と衣服というふたつのレイヤーがあるという前提では、 インターネットが普及しドラスティックに身体の感覚が変化した、 現在の身体と衣服の関係は語れないのではないかと蘆田先生は指摘します。 ここで例に出していただいたのが、 ガンダムの「モビル

集中講義3日目 - ヒップホップにおける「関係性」

先週5日間行われた京都清華大学集中講義、 週末を挟んでしまいましたが後半戦をアップしてゆきます! (野口くんのブログをお楽しみにしてくださってるみなさん、すみません。今回の執筆者は野口くんではありません、あしからず。) 3日目を担当してくださったのは荏開津広さんです。 荏開津先生は、今回のコーディネーターの佐藤守弘先生と 約30年来のお知り合いだそう! そんなおふたりの青春時代のお話もまじえつつ、 今回の授業ではニューヨーク、サウス・ブロンクスで 「ヒップホップ」が誕生した背景から、 日本語ラップの”今”まで たくさんお話いただきました。 そもそもヒップホップを構成する主な要素は 「ラップ」、「DJ」、「ブレイクダンス」、「グラフィティ」で、 ブロンクスの若者たちの日常のカルチャーから生まれたものでした。 1983年に公開された『ワイルド・スタイル』の映画などで メディアで形容詞的に使われていた「ヒップホップ」の語が 本格的に認知されはじめたそうです。 この『ワイルド・スタイル』、 観たことなかったのでこの週末に早速鑑賞してみました(DVDが去年発売されたようです)。 実際のグラフィティ・ライターやラッパーやDJ、ダンサーたちが登場していて、 かなりかっこいいです! http://www.uplink.co.jp/wildstyle/ 主人公がグラフィティ・ライターということもあり 映画の中でも中心的に扱われるグラフィティは、 電車の車体に描かれることで 多くの人の目に触れるようになったんですね。 車体がまさにメディアとして機能していたという荏開津先生の指摘にハッとしました。

「都市とポピュラー文化」2日目 めくるめく環境音楽の世界!

こんにちは。都市イノベーション学府M2 の野口です。前回までは無償であれこれ書いていた僕ですが、なんだかこの度正式に(ではないのかもしれない)アシスタントとして働くことになったらしく。つまり現在、僕は給料をもらってこの文章を書いているわけです!資本主義万歳!! というわけで、8月はAmazonビデオで『機動戦士ガンダム』『機動戦士zガンダム』ばかり見ていたせいでザクに撃墜される夢しか見ていないんですが、9月は早速ラボの授業に出撃。特別セミナー科目「都市とポピュラー文化」2日目、小松正史さんによるサウンドスケープの授業です。ちゃんとお金もらいたいから、もうテキトーなことは書かないぞ! サウンドスケープとはその名の通り「音の環境」という意味ですが、どうして最近そんな研究が盛んになっているのかというと、そこには長い音楽研究の歴史が関係しているそう。伝統的なクラシック音楽のような、メロディや和音ばかりが注目されてきたせいで、ちょっとした風の音やノイズのような音はあまり研究されてきませんでした。 こうした幅広い音(sound)に焦点を当てるのがサウンドスケープの研究。横国でいえば中川克志先生もこの領域ですが、主に現代音楽を対象にする中川先生に対して、小松先生は電車の走行音や呼吸の音のような、日常で見過ごされてしまう環境音を対象にしているそうです。 というわけで、環境音が大好きな小松先生。線路を走る音だけで電車を区別したり、普段から機材を持ち歩いて気になる音があったらすぐ録音したりするほどの音に対するフェティッシュなこだわりを持っているそうです。『タモリ倶楽部』に出演できそうなキャラだ……

すがやみつる先生と同人誌という「モノ」を考える

昨日から!京都精華大学の大学院生が朝にヨコハマに到着し、 京都精華大学との共同集中講義がはじまりました! 1日目は漫画家のすがやみつる先生です。 「マンガ同人誌というメディア」というテーマで すがや先生ご自身の経歴から、 同人誌とマンガ同人誌の歴史、さらには同人誌市場の実態まで お話ししていただきました! すがや先生は12歳のときに漫画家を志し、 高校を卒業してからすぐにアシスタントになり、 その後は「毎年年収を2倍にしていくんだ!」であるとか、 「28歳でマイホームを手に入れるんだ!」など目標を設定して 毎日毎日お忙しい日々を送られ、 ときには72時間ぶっつづけで書き続けてきたこともあるそう。 そんなすがや先生が10代の頃に描かれたマンガの原稿に 一同大興奮! すがや先生がマンガ家を志していたころは、 毎日一枚の紙の裏表いっぱいに 線の描きかたを練習していたそうです。 当時の手作りの同人誌を手にとって拝見しましたが、 糊がパリパリした紙の表面、ホワイトで修正された痕、塗られた黒の面の質感、線の個性、 ひしひし、ひしひしと重厚な「モノ」感が伝わってきました! 右側前の笑顔の方がすがや先生だそう! 一方で現在主流なのが、パソコン上でマンガを描くということ。 そうすると、みんな同じような線を同じように描けるそうですが、 それだとやっぱり、ちょっぴりもの寂しいですよね。 また、タブレットでもマンガは読めますが、 肉筆に圧倒されたりする感情や すがや先生もおっしゃっていましたが「モノ」として何かを所有するという、 これらのフェティシズム的な喜びを人間が知っている限り、 印刷されたマンガ

来週から京都精華大学集中講義がはじまります

今日から9月になりましたねー 世間ではお盆も終わってバリバリ働いている方も、 Back to Schoolの方もいらっしゃるかとおもいます。 さて、横浜都市文化ラボも来週9/5(月)から 特別セミナー科目「都市とポピュラー文化」を 京都精華大学と共同で開催します! 京都精華大学からきたる5人の先生によるリレー形式のレクチャーと、 最終日には京都精華大学の大学院生のプレゼンテーションを行う、 熱血な5日間になることでしょう。 会場はBankArt Studio NYKのライブラリー・スペースです! 本がずらっと並んでいますが、タイトルを見ているだけでも 講義の刺激になるような本がたくさんありました! --- 余談ですが、 昨日まで京都で行われた 応用哲学学会サマースクール「ファッション批評の最前線」に参加してきました。 こちらでは今回の「都市とポピュラー文化」4日目にレクチャーしていただく 蘆田裕史さんの講義もありました。 戦後日本のファッション・デザイン史から現代のファッションの状況まで、 明快な時代整理と 現代のファッション(あるいはファッションという用語)に対しての 鋭い指摘がとっても面白かったです。 --- 「都市とポピュラー文化」では、 マンガ・サウンドスケープ・音楽・ファッションなど 広範な(ポップ)カルチャーを扱いますが、 現代に生きるわたしたちのまわりにあるさまざまな文化現象について 幅広く考え見識を深めることは、 なにかを作り出したりあるいは社会の中で生きていく中で 新たな視座を与えてくれるでしょう! 「都市とポピュラー文化」の講義は 9/5(月)から9/9(金

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

室井尚研究室

240-8501

横浜市保土ケ谷区常盤台79-1

横浜国立大学教育第1研究棟521

T/F: 045-339-3457

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

北仲スクール

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now